【テニス上達の友】球出し機は必要?活用方法や種類を解説!

出典:Pixabay

もっとテニスがうまくなりたい……でもテニスレッスンは週に一回だけで、コーチがいないとボールを打つ機会もなかなか無い……

そんな経験はありませんか?テニスを始めてすぐのときは、とにかくボールを打って打って打ちまくりたいですよね。

少しでも多くボールを打ちたい!質の高い練習を1人でしたい!という願いを叶えてくれるのが「球出し機」です。

しかし、自分の家にテニス用の球出し機があるご家庭は少ないのではないでしょうか。

この記事ではそんな「わざわざ買うほどでもない」と思われがちな「球出し機」の魅力についてまとめました。

球出し機とは?

「球出し機」とはテニスコートや庭、ガレージなどに設置して自動でテニスボールを文字通り球出ししてくれる機械です。ボールを回収してくれるネットと併用するとより効率よくかつ安全に練習できます。

例えば、一人だけで反復練習をするときなどに誰の手も借りずに練習をすることができます。特にテニスを始めたばかりの初心者の方がしっかりとしたフォームを習得するのに最適です。

逆に、上級の方にとってはボールが単純すぎて練習にならないかもしれません。上級者は自分の弱点を補う、または基本のフォームチェックなどに利用しましょう。

価格も比較的安価なものからかなり高級なものまで千差万別です。各マシンの性能を見て、自分にぴったりの1台を選ぶと良いでしょう。

球出し機のここがすごい!

結局、球出し機の何がすごいの?という疑問をお持ちの方のために「球出し機のすごさ」をまとめました。

1人でこっそり練習できる

テニスはサーブなどを除いて1人で練習するのは難しいスポーツです。かといって練習するたびに友達を誘うのも気が引けるし、レッスンに何回も通う余裕もない…という方は多いのではないでしょうか。

球出し機があれば、コーチがいなくても動くボールに対してアプローチすることができ、よりクオリティの高い練習を1人でできます。

地味な基礎練習は、なるべく1人でこっそりやりたいものですよね。

球出し機があればそんな練習もしっかりこなすことができます。

持ち運びも意外と楽

球出し機ってすごく重そうな見た目をしていますよね。ですが実は多くの球出し機は移動性に非常に優れています。

重さが4キロほどしかないものや、車輪がついていて楽に運べるものなどその性能は様ざまです。多くの球出し機が女性でも運べるように設計されています。

テニスコートに運んだりと移動が多い機械ですので、移動性はとても重要です。

電源コードが基本的に不要

ほとんどの球出し機は電動です。しかし電源コードが必要だとしたら、テニスコートでは使えませんよね。

多くの球出し機は電池式、またはバッテリーを内蔵しています。ですので延長コードを引っ張り出してくる必要は全くありません。

基本的に電池式よりも繰り返し充電して使えるバッテリー式の方が電池を毎回買う必要が無いので経済的です。

購入するときは電池式なのか、バッテリー式なのかをチェックしておきましょう。

上等な球出し機は様ざまな球種も可能!

「球出し機ってゆるくて回転の無いしょぼいボールしか出せないでしょう?」いいえ、スマートフォンがどんどん進化するように、球出し機も進化しています。

トップスピンやスライス、時速80キロ以上のフラット、ロブなど様ざまなボールを球出しが可能です。(全てのマシンで可能ではありません。)

練習の仕方によっては、様ざまな場面を想定した練習ができるでしょう。苦手なボールを克服して、さらに上のステップに進むことができます。

球出し機を使った練習方法まとめ

では球出し機を使ってどんな練習ができるのでしょうか。

この項目では球出し機を使った様ざまな練習を練習場所ごとに紹介しています。

テニスコートに持っていく

やはり一番はテニスコートで行う練習です。ラインとネットがあることでより実践に近い練習をすることができます。

どんなに簡単なボールでも、「打つコースを自在にコントロールする」というのは意外と難しいですよね。

この「ボールコントロールの上達」こそが球出し機を利用した練習の最大の目的です。上達のためには日々の地道な反復練習が求められます。

ただ打ちまくるだけでなく、フォームを変えてみよう、構えをもっと早くしよう、ラケットの面を意識しようなどなど様ざまな工夫を繰り返すことでより質の高い練習ができます。

ガレージなど限られたスペースで反復練習

庭先やガレージなど、少し広めのスペースがあれば球出し機と回収用ネットを使って反復練習ができます。

ラケットを振るので、事故が起きないように周囲の人や物には充分注意しましょう。

この限られたスペースで行う練習の目的は「基本フォームの定着」です。

グリップの握りから構えてフォロースルーまでの一連の動きをしっかり身体に覚えさせることで、実践で使える動きが身につきます。

また球出し機までの距離が非常に近いのでボレーの練習にも最適です。

オススメ球出し機紹介

ではここでオススメの球出し機を紹介します。安価なものから上質なものまで、様ざまな種類があります。

2wayエンドレステニス練習マシン マシン&ネットセット

マシンと回収用ネットが両方手に入るお得なセットです。ネットとマシンをうまくつなげることでボールをマシンに補充する手間を省くことができます。

アルカリ電池4本式で、電源とつなげる専用アダプタを使えば充電はできませんが電池切れを心配することなく練習することができます。

価格は 12,960円 (税込) とお手頃です。

まずは簡単なボールでしっかりフォームを身につけたい!という方にオススメのマシンです。

>>2wayエンドレステニス練習マシン マシン&ネットセット

トスマシン ツイストDC(単一電池6個使用) AP-TM-DC

螺旋状にボールが並んでいる独特のデザインが特徴的な球出し機です。

この螺旋デザインのおかげで、コンパクトでありながらより多くのボールを補充することができる優れものです。

価格は38,232円 (税込)です。

球出しの飛距離もしっかりあるので、より生きたボールで練習することができます。

>>トスマシン ツイストDC AP-TM-DC

マイオートテニス2

一瞬、「マリオテニス」と見間違えてしまいそうになるこちらは「マイオートテニス2」です。似てますね…。

そんなややこしい名前とは裏腹に、性能は抜群。「超正確」な球出しに定評があります。

一定間隔で出されるボールの落下点は一切の狂いがありません。さらに高さ、スピード、テンポを自由自在に変えることができます。ストロークだけでなくスマッシュも練習できます。

価格は170,640円 (税込)です。

>>マイオートテニス2 MyAutoTennis2

テニスマシン・ホワイトドルフィン

最後に紹介するのは性能という面ではもっとも優れているマシンです。

すべての動作がリモコンで操作可能です。つまり生徒さんの指導をしながら、他の生徒さんの練習をリモコンでサポートできます。

トップスピンやスライス、ロブなど自由自在、もちろん急速も13段階に変化させることができます。さらにコースも細かく設定が可能。

バッテリーを内蔵していますので、電池を毎回購入する必要がありません。

価格は 413,100円 (税込)です。かなりの高価格ですので、スクールなどで採用されているケースが多いようです。

>>ホワイトドルフィン S4015

球出し機を使って基本フォームを完全マスターしよう!

幼少期からテニスを続けている選手はなぜしっかり確立した技術を持っている方が多いのでしょうか。

その秘訣は「幼少期に経験した反復練習」ではないでしょうか。

大人になってからスクールに通っても、なかなか長時間の反復練習は時間的にも肉体的にも厳しいですよね。

しかしテニスの上達に反復練習は必要不可欠です。いかに地味な練習を工夫してこなすか、というのはとても重要です。

球出し機はその反復練習の機会を少しでも増やしてくれるマシンです。友達やライバルに差をつけるにはうってつけといえるでしょう。

自分のレベルに合った球出し機を使って、さらに上のプレイヤーを目指しましょう!

0