テニスにサングラスは必要?その効果とお値段。

出典:鈴木貴男HPより

アウトドアスポーツであるテニスは太陽や風など自然の影響を強く受けます。風は防ぎようがありませんが、太陽であればサングラスや帽子などの道具を使用することでその影響を低減することができます。

今回は帽子に比べると使用率の低いサングラスについて、効果や歴史などを調べて記事にまとめました。

サングラス。

サングラスは太陽光から瞳を守る目的で使用されるアイウェアです。太陽光による紫外線を防ぐ以外にもサングラスをかけることによりさまざまな効果を得ることができます。

サングラスの着用によって得られる効果を具体的に挙げていきます。

太陽光を軽減。

サングラスの主な効果は文字通り太陽光の軽減です。テニスであればサングラスを着用することで眩しさを軽減し、プレイ中のボールの視認性を高めることができます。

サングラスを選ぶ際に1つ注意すべきポイントがあります。購入の際は必ず「UV(紫外線)カット」機能が付いているものを選んでください市販されているサングラスにはUVカット機能がない商品もあるので気をつけてください。

紫外線を浴びることで体内でのビタミンD生成を促すというポジティブな効果もあります。しかし、過剰な紫外線は、皮膚のしわやたるみ、光線過敏症、皮膚疾患、皮膚がん、角膜炎や白内障などの発症リスクを高めます。テニスを外で長時間プレイする場合はUVカット機能が必須です。

風による眼球の乾燥を防ぐ。

サングラスは眼球が直接風を受けることを防ぐ効果があります。眼が風を受けると、眼球が乾燥し、ドライアイが進行します。ドライアイは眼精疲労の大きな原因となるため、テニスのように目を酷使するスポーツにとっては死活問題です。

特にコンタクトを使用してテニスをしているプレイヤーはドライアイになりやすいので、予防の意味でもサングラスの着用は有効です。

塵・埃・花粉を防ぐ。

サングラスの着用によって目に異物が入ることを防ぐことができます。塵・埃・花粉が目に入ることでかゆみや目の痛みを引き起こす可能性があります。

可能性は低いかもしれませんが、テニスのプレイ中に目に異物が入る可能性はあります。テニスは1ポイントの差が勝敗を分ける競技です。リスク要因を極力排除する意味でもサングラスを着用するという選択肢はありです。

テニスでサングラスが着用され始めたのはいつ?

そもそも、テニスでサングラスが利用されるようになったのはいつからなのでしょうか。サングラスの歴史について調べました。

サングラスの歴史。

第2次大戦中には既にサングラスは普及。
引用:Twitterより

サングラスの明確な起源は諸説あり定かではありませんが、大量生産され、大衆化されたのは1930年代です。そこから徐々にファッションやアクセサリーの一部となり徐々に広がっていきました。

1970年代までは太陽光を和らげることと、ファッションの一部としての利用が主でした。1980年代になりスポーツ用のサングラスが登場し、紫外線の防止など、サングラスの機能性が追及されるようになっていきました。

現在はアイケアという考えが徐々に浸透してきており、機能性とファッションの両面を兼ね備えたサングラスが求められるようになってきました。

今でこそ機能性が注目されているサングラスですが、失明して視線が定まらない人や、目元に傷を負った人が目元を隠すという目的で利用されることもよくあります。

テニスでのサングラスの利用。

サングラスを着用してプレイするティプサレビッチ。
引用:ATPより

サングラスを着用して試合をするプロテニスのトップ選手は数えるほどしかいません。テニスの試合初めてサングラスを着用した選手が誰かを調べては観たのですが、はっきりと分かるような情報は見つかりませんでした。

ただ、1980年代に Polaroid社が当時、テニス界のトップ選手であったB.ベッカーとコラボレーションしたサングラスの販売を始めたという情報は見つけることができました。このコラボレーションがきっかけでテニス中のサングラス着用が徐々に広がっていったのではないかと考えられます。

テニス専用のサングラスはあるのか?

鈴木貴男はOAKLEYと契約してサングラスを愛用している。
引用:鈴木貴男HPより

サングラスを着用して試合をするプロテニス選手は少ないものの、テニス専用のサングラスは市販されています

テニス専用のサングラスには、激しい動きのなかでもサングラスがズレないフィット感、コートの乱反射を防ぐ偏光機能、プレイ中にボールを見失わないための可視光線透過率など多様な機能が求められます

テニス専用のサングラスを販売しているメーカーには、OAKLEY(オークリー)FERRY(フェリー)などがあります。テニスメーカーではPrinceなどもテニス専用のサングラスを販売しています。

テニス用サングラスの価格帯。

テニス用サングラスの価格帯は幅広い。
テニス専用のサングラスは機能性やブランドによって価格が大きく異なります。機能性が高く、人気ブランドのサングラスになると20,000円近い価格になりますが、一般的な価格帯は10,000円程度のようです。テニス専用ではなく、スポーツ用のサングラスであれば2,000円程度で購入できるものもあります。

サングラスに限らず、テニス用具でも高価格の商品には機能性や耐久性など高い理由が必ずあります。サングラスを購入するのであれば、ネットショッピングで安いものを安易に選ばずに、実際に店舗に足を運び、試着してフィット感や視認性を確認したうえで購入するサングラスを選ぶことをおすすめします。

ある程度の価格のサングラスを使用しないとサングラスの本当の有用性は実感できないはずです。

度付きサングラスの作成。

度付きサングラスは専門店で作成可能。
引用:SWANSより

度付きサングラスであれば、普段眼鏡をかけている人でもテニス中にサングラスを利用することが可能になります。

度付きサングラスは市販品と異なり、利用する人の視力に合わせてレンズをオーダーメイドする必要があります。サングラスの専門店であれば、度付きサングラスの販売をしていることが多いので、直接店舗に問い合わせをして自分専用のサングラスが作成できるかどうかを確認してみてください。

慣れは必要だがサングラスの着用でテニスのパフォーマンスは向上するかも。

サングラスをかけてテニスをするには慣れが必要です。プレイ中の違和感はストレスになりますので、強い必要性を感じない限りはなかなかサングラスを利用してみようという気は起きないかもしれません。

しかし、太陽などが気になってダブルフォルトが多かったり、ネットプレイに積極的に出れないなどの悩みがあったりする人は、思い切ってサングラスを試してみてはいかがでしょうか。テニスのパフォーマンスが向上する可能性は十分あります。

この記事がサングラス選びの参考や、利用のきっかけになれば嬉しいです。