テニスで左利きは武器!テニスで左利きが有利な理由とは

スポーツでは右利きか左利きかで差が生まれるという話がありますが、テニスでも左利きが有利と言われています。現在、世界的に活躍しているテニス選手の中にも左利きの選手はいますが、どうして左利きの選手が有利と言われているのでしょうか。

そこで今回は、テニスにおいて左利きの選手が有利であると言われている理由を解説していきます。

テニスで左利きの選手が有利と言われる理由

テニスで左利きの選手が有利と言われる理由

テニスでは左利きの選手が有利と言われていますが、どうして有利なのでしょうか。その理由を解説していきます。

左利き選手が少ないため慣れない

テニスで左利き選手が有利と言われている理由には、左利き選手とのプレイに慣れないことが挙げられます。

実は世界的に見ても左利きの人は少なく、人口の約10%しかいないと言われており、日本でいうと約11%の人しか左利きがいません。そのため、テニス選手に左利きの人が少ないのは当然のことかもしれません。

左利きのテニス選手が少ないということは、左利きの選手と対戦する経験も少なくなります。そのため、左利き選手が右利き選手と対戦を多くしているのに対して、右利き選手は左利き選手との対戦経験がないのでプレイに慣れませんよね。

不慣れな相手と対戦することになるので、左利きの選手は有利だと言われています。また、技術的な観点から言うとテニスではバックハンドよりフォアハンドの方が一般的に強いボールが打てると言われています。

左利きの選手がクロスにフォアハンドを打ち込んだ場合、右利き選手はバックハンドで打ち込まないといけません。逆になれば左利き選手にも同じことが言えますが、左利き選手は普段から右利き選手との対戦に慣れているのに対して、右利き選手は経験が少ないですよね。

プロ選手は左利き選手対策をできるかもしれませんが、アマチュアではなかなかできません。アマチュアのテニスでは左利きはより有利になると言えるかもしれませんね。

ボールの回転が逆で打ちにくい

テニスで左利きが有利と言われている理由に、ボールの回転が逆で打ちにくいことが挙げられます。

左利きのテニスプレーヤーボールの回転が逆で打ちにくい

引用:THE TENNIS DAILY

左利きの選手のショットは右利き選手と逆の変化をします。普段右利き選手とばかり対戦していると、逆の回転のボールを打つのは難しいです。特にプロの選手になると回転数も速度も速いため瞬時に対応しないといけないので、より対応力が必要になります。

例えば、左利きの選手がフォアハンドで打ち込むときに右利き選手はバックハンドで返さないといけません。そのため、回転を多くかけたボールや高く跳ね上がるボールがより有効になります。

左利きの名プレイヤーナダル選手のプレイ集

この動画の31秒からのラリーで最後にナダルがフォアハンドを打ち込んでポイントを獲得していますが、このプレーも右利き選手ならバックハンドのプレイになるので打ち返せていない可能性が高いです。左利きだからこそ打ち返せたボールと言えますね。

プロの選手になると変化が逆でも回り込んで打つなどして対応しています。ラリーに関してはボールの回転が逆だからと言って特別有利というわけではありませんが、ギリギリのプレイになると違いが出てきます。

ちなみに、アマチュアの選手同士の場合、左利きの選手のボールはやはり打ち返しにくいと言えます。バックハンドが苦手な人も多いので、左利きの選手がクロスに打つフォアハンドが武器になります。

スライスサーブが返しにくい

テニスで左利きの選手が有利と言われる理由として、スライスサーブが返しにくく武器になることが挙げられます。

テニスの左利きのスライスサーブは返しにくい

引用:SHIKOKU NEWS

左利きの選手の武器となるのが、スライスサーブです。スライスサーブは回転を多くかけることでボールが横滑りするサーブです。左利きの選手が右利きの選手にスライスサーブを打つと、右利きの選手はバックハンドでボールを処理しなければいけません。

スライスサーブはただでさえ返すのが難しいのに、バックハンドで打ち返すのは非常に難しいです。特に一流選手のナダル選手のスライスサーブはボールの曲がり幅が大きく、かなり打ち返しにくいです。

ナダルの強烈なスライスサーブ

この動画の7分50秒からのサーブも相手選手が打ち返せないほどのスライスサーブです。ちなみに、プロ選手の場合は左利き選手のサーブ対策をしています。普段より外側に構えて前に踏み出して打ち返すなど、強烈なスライスサーブにも負けないように対応しています。

まとめ

テニスでは左利きの選手の数が少ないことやサーブが打ち返しにくいことから有利と言われていますが、プロ選手の場合にはそうとも限りません。しっかり左利き選手対策が取られているため実力勝負になります。

でも、アマチュア選手の場合はやはり左利きの選手が有利なので、左利きの人はテニスを始めてみてはいかがでしょうか。

0