テニスの不思議。点数の数え方とさまざまな試合形式。

出典:Twitterより

テニスは点数の数え方や試合形式が複雑で、テニスを始めたばかりの方は戸惑うことが多いはずです。慣れてしまえば混乱することもありませんが、考えてみると独特な点数の数え方をするのも事実です。

今回はそんな点数の数え方や、試合形式の多様さについて記事にまとめてみました。

テニスの点数の数え方。

テニスの点数を数える単位としてはポイント・ゲーム・セットと3つの単位に分けられます。それぞれ数え方が異なるのでテニスを始めたばかりの方は覚えるのに苦労します。

ポイントの数え方。

ポイントは0ポイントを0(ラブ)1ポイント目を15(フィフティーン)2ポイント目を30(サーティ)3ポイント目を40(フォーティ)4ポイント目でゲーム取得(ゲーム)と数えていきます。

ポイントを数える場合は例えば30-15(サーティ・フィフティーン)のように、サーバー獲得ポイント→レシーバー獲得ポイントの順番でコールします。試合では間違いを防止するために各ポイントの開始前に点数をコールするのが一般的です。

15-15、30-30のように獲得ポイントが並んだ場合フィフティーンオール、サーティオールのように「○○オール」でコールします。40-40の場合は例外で、「デュース」とコールします。デュースについては後ほど改めて説明します。

ゲームの数え方。

6ゲーム先取するとセットが取得できる。
引用:ATPより

ゲームの数え方数字の数え方と一緒で0から1ゲームずつカウントしていきます。試合によってルールが変わることもありますが、相手よりも先に6ゲームを先取するとセットを獲得することができます

試合では1ゲームごとにサービスを打つ選手が変わっていきますが、新しいゲームが始まるときに、その時点のゲームカウントをコールします。ゲームカウントのコールはポイントをコールする時と同じように、サーバー側の獲得ゲーム数から順番にコールします。

例えば「2-4」とコールをした場合は、サーバーの獲得ゲーム数が2で、レシーバーが4ということになります。

セットの数え方。

セットの数え方は1セット、2セットのようにゲーム同様1ずつカウントしていきます。プロテニスでは最も長い試合は5セットマッチで、先に3セットを獲得したほうが勝ちとなります。

草トーや市民大会など、1日で複数試合をこなす大会の場合は1セットマッチが多いです。1セットマッチの場合は大会によって異なる場合もありますが、一般的には6ゲーム(1セット)を先に取ると勝ちになります。

デュースってなに?

ポイントを数えるときに点数が40-40(フォーティ・オール)になったときは「デュース」となります。

デュースになると獲得ポイントで相手に2ポイント差がつくまでポイントを繰り返し行います40-40からサーバーがポイントを獲得すればアドバンテージ・サーバーレシーバーがポイントを獲得すればアドバンテージ・レシーバーになります。

アドバンテージの状態でポイントを獲得すればゲーム取得となり、相手にポイントを取られたら、40-40に逆戻りします。サーブに決め手を欠き、実力が拮抗している選手同士の対戦では何度もデュースが繰り返され、1ゲーム消化するのに15分以上の時間がかかる場合もあります。

ノーアドバンテージ(ディサイディングポイント)

ノーアドバンテージではリターン側がサイド選択権を持つ。
引用:Twitterより

40-40(デュース)になったら次のポイントを獲得したほうがゲームを取るのがノーアドバンテージ(ディサイディングポイント)制度です。一般的には「ノーアド」と略して呼び、アマチュアの試合はノーアドが採用されることが多いです。

ノーアドバンテージが生まれた理由は試合時間の短縮です。デュースを延々と繰り返していると、試合がなかなか終わらないので大会運営という観点ではノーアドバンテージ制度は非常に有益です。プロの試合でも大会によってはノーアドバンテージが採用されることがあります。

ノーアドバンテージ制度の試合では40-40になると、リターン側がフォアサイド、バックサイドのどちらでプレイするかを選ぶことができます。ミックスダブルスの場合はサーバーと同性のサイドでリターンするのが基本になります。

タイブレークとは。

タイブレークは7ポイント先取の勝負。
引用:ATPより

ゲームカウントが6-6になった場合に実施されるのがタイブレークです。タイブレークは1ゲーム分としてカウントされ、先に7ポイントを獲得したほうがゲームを獲得します。タイブレークを取るとセット取得となります。

タイブレークでは1ポイント目が終わったらサーブ権が移動し、その後は2ポイントごとにサーブ権が変わりながらポイントを進めていきます。そして、6の倍数のポイントが終了した時点でコートチェンジを行います。

タイブレークを取るには7ポイント獲得時に相手と2ポイント以上の差をつけていなければなりません6-6になった場合は2ポイント差がつくまでタイブレークを続けます

これまでのタイブレークにおける最多プレイポイントは、2013年の下部ツアーの予選で記録された70ポイント(36-34)です。70ポイントは普通の試合の総プレイポイントでもおかしくない数字であり、この記録が塗り替えられることはないかもしれません。

試合形式の違い。

テニスの点数の数え方でポイント、ゲーム、セットについて確認してきました。ここまでを理解できれば、問題なくテニス観戦ができるはずです。ここからは大会ごとに異なる試合形式の微妙な違いについて説明していきます。

3セット制と5セット制。

男子プロの四大大会の本戦やデビスカップでは5セットマッチが採用されています。女子プロの試合や男子でも四大大会以外のトーナメントは3セットマッチが基本です。

5セットマッチの場合は先に3セットを、3セットマッチの場合は先に2セットを獲得したほうが勝者になります。基本的にはセット数の多い試合の方が実力通りの結果になりやすいと言われています。

試合時間が長いと、試合の中での浮き沈みも多くなりますが、トップ選手ほどテニスの質が高いレベルで安定しているため、番狂わせが少なくなります。男子の四大大会では上位シードが安定して勝ち上がることが多いことからも、そのことが分かるはずです。

スーパータイブレイクとスコアタイブレイク。

一般的な7ポイント先取のタイブレークについては既に説明しましたが、特殊なタイブレイクもあるのでご紹介しておきます。

スーパータイブレイク

ATPファイナルズでもダブルスのファイナルセットはスーパータイブレイクを採用。
引用:ATPより

ダブルスの試合などでセットカウントが1-1になった場合ファイナルセットを10ポイント先取のタイブレークで変わりに実施するのがスーパータイブレイクです。

スーパータイブレイクも進め方は通常のタイブレイクと同じです。ポイントが9-9になった場合はどちらかが先に2ポイント差をつけるまではタイブレイクが続きます

スコアタイブレイク

四大大会ではウィンブルドンのみ、ファイナルセットにスコアタイブレークを採用しています。ファイナルセットで5-5になると、どちらかが2ゲーム差をつけるまではセットが終わらないのがスコアタイブレイクです。

2ゲーム差がなかなかつかずに試合が長時間に渡るケースもあったため、選手の健康管理などから、ルールが変更されました。2019年よりファイナルセットで12-12となった場合は通常のタイブレークで勝敗を決める形となり、2019年の男子決勝では早速変更されたルールが適用されました。

2019年ウィンブルドン男子S決勝。

4ゲームセットや6ゲームセットの試合も。

ほとんどの試合は1セット6ゲームで行われますが、NEXT Gen ATP Finalsのように1セット4ゲームだったり、草トーでは8ゲームマッチの試合もあります。大会によって試合形式はいろいろと変わるので、試合に出ることを考えている方は事前に試合形式の確認も忘れずにしておきましょう。

点数の数え方には慣れるしかない!

テニスの点数の数え方は複雑で、慣れるまで混乱するのは仕方ないことです。いろいろな試合を観戦したり、自分でも試合に出るなどすることで、徐々に慣れていきます。少しでも早く慣れたい方は意識的にテニスに触れる機会を増やしてみてください。