勝利のためのテニス技術特集 ~トップスピン~

出典:Pixabay

トップスピンはテニスの技術の中でも最も重要で多用されるものといっても過言ではありません。トップスピンの技術はフォアハンド・バックハンドだけでなく、ロブやサーブにも応用することができます。

この記事では主にストロークにおけるトップスピンに注目して解説させていただきます。

トップスピンは基本的に2つの事柄に注目する必要があります。1つ目はラケットヘッドの角度、2つ目はスウィングの方向です。トップスピンを打つためには、ラケット面をわずかに下に向けると同時に下から上へのスウィングを意識することが重要です。

トップスピンはなぜ多用されるのか?

トップスピンの主な役割は、バウンド後もスピードとパワーを維持することにあります。攻めどころで攻撃的なショットが欲しいときや高いバウンドの打球を打ちたいときに効果的です。

さらにトップスピンはネットのリスクが非常に少ないことも技術として優秀です。初心者の方はまずこのトップスピンを修得することを目標にしましょう!

トップスピンを使いこなすコツ

多くのテニススクールでまず最初に教えられるのがトップスピンです。ミスを減らし、少ない力でしっかりとした打球を打てる技術だからです。

ではどのようなことを意識すれば綺麗なトップスピンを打てるようになるのでしょうか?

この項目ではトップスピンのコツについて紹介しています。

まずはグリップを意識する!

初心者の方がトップスピンを練習するとき、フォアハンドの場合はイースタングリップまたはセミウェスタングリップ、バックハンドの場合はコンチネンタルグリップがオススメです。

グリップについてはこちらをご参照ください。

そして徐々にトップスピンに慣れきたら、フォアハンドの場合はウェスタングリップ、バックハンドの場合はイースタングリップで握るようにするとさらに強いトップスピンショットが打てるようになります。

打球に追いついたら素早く肩を引く

フォア側とバック側のどちらにボールが飛んでくるか分かったら、素早く肩(右利きの場合、フォア側なら右を、バック側なら左を)を引きます。それと同時にラケットはしっかり引いた先で準備し、反対の腕は片手打ちの場合は平衡バランスを保ちつつ照準を合わせ、両手打ちの場合はラケットをしっかり握りましょう。

ラケットは腕で引くのではなく肩を意識して引きましょう。このときラケットを後ろに引き過ぎないように注意します。

ラケットヘッドは必ず下げる!

ラケットを後ろに持ってきた後、スウィング動作に入る前に一度しっかり止まって構えましょう。その後、ラケット面とヘッドがしっかり下を向くように意識します。

慣れてくれば構えてからの一連の動作は無意識に行えるようになります。

またスウィング開始時には肩とお尻のみを先に動かすイメージでラケットをキープした位置に置き去りにします。こうすることで手首は自然と角度がつくようになります。

このイメージは手首打ちになってしまう方にとっても重要なものですので、改善されれば打球の違いを肌で感じることができるでしょう。

下から上へのスウィング

上方向を意識したスウィングによってトップスピンをさらに磨くことができます。スピンと同時に、スィートスポットでボールを捕らえることが重要になります。インパクトの瞬間までボールから目を離さないようにしましょう。

対戦相手のストロークの間ずっと相手を見ていると、次のショットを打ちそこなう可能性があります。対戦相手の動きではなく、自分のスウィングやラケットの位置を意識することでボールそのものに集中することができます。

膝を曲げることでボールに対しさらに重心を下げることができれば、インパクトの瞬間に膝を使った下半身の動きを乗せられるので、さらに強いトップスピンをかけることができます。

身体の正面でボールを打つ

ボールは必ず自分の身体の正面で打つようにしましょう。そうすることで自然なスウィングの流れの中でより効果的なショットを打てます。

よくインパクトの際に「身体が開かないように」というアドバイスを受けるかと思いますが、これはボールを打つ前にネット側に身体が向いてはいけないということです。

引いた肩を固定しラケットは置き去り、身体の正面で打つことを意識すると身体は開きませんし、腰の回転を利用した打球を打つことができます。

インパクトの瞬間に手首で回転をかける

キープポジションで手首を固定してもトップスピンをかけることは可能ですが、手首を使うことでさらにスピンをかけることができます。

しかし、スピンを手首の動作に頼りすぎるのは危険です。あくまでスウィングを意識したスピンに上乗せするだけに留めておきましょう。

効果的に手首を使えば強力なトップスピンが打てますので、優秀な補助役として意識しましょう。

反対の肩、最後までしっかりスウィング!

スウィングのメインの方向は上と前の両方なので、反対の肩へ最後までスウィングし切ることが重要です。いわゆるフォロースルーをしっかり意識するということです。

フォロースルーがしっかりされていないということは、トップスピンのスウィングの途中で上でも前でもない下向きの力が働いたことになります。これはスウィングのスピードを減少させることにつながりますので注意しましょう。

ネットを余裕で越える高さに打つ

トップスピンを打つメリットとして、ネットのリスクを減らすことができるということが挙げられます。トップスピンを打つときはネットを余裕で越えられる高さを意識しましょう。

対戦相手の背後を狙うような深いショットを目指しましょう。正面に深くてバウンドの高いボールが来たら、相手にとって返球は困難になります。

これがトップスピンの魅力であり、対戦相手をベースラインに釘付けにすることもできます。ネットプレイが得意な選手にとっても武器になります。

トップスピンを使って試合を有利に進めよう!

トップスピンを使うことで、試合展開を有利にすることができます。例えばパワーに自信が無い女性でも力強いショットにすることができますし、ベースラインぎりぎりのトップスピンショットは返球するだけでも一苦労です。

ロブやサーブに応用させ、ムーンボールのような相手の頭上を越えるショットも打てるようになります。

トップスピンを完璧に習得して、ワンランク上の選手を目指しましょう!

0