【ピンチをチャンスに変える】ポール回しのコツと使いどころまとめ

出典:Pixabay

「ポール回し」と聞くと、ものすごく難しい超上級者向けテクニックだと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし実際は超上級者向けテクニックなどではなく、誰でも身につけられるテクニックです。

むしろポール回しの使いどころを知っておくことで、試合を有利に進めることもできます。さらにうまく決まれば観客席から拍手やブラボーをもらうこともできます!

この記事では、ナダルのような超絶回転なしでポール回しを打つためのコツ、そしてポール回しのメリットをご紹介しています。

ポール回しを打つ時のコツ

とても難しそうに見える「ポール回し」ですが、コツと打つタイミングさえ掴めれば誰でも実践で使える技です。

この項目ではポール回しを打つためのコツやタイミングについて紹介しています。

無理に横回転をかける必要なし!

ポール回しというと代表的なのはBIG3の一人、ラファエル・ナダルですよね。彼のポール回しはその尋常ではない回転量でポールを大きく旋回し、相手コートに叩き込みます。「こんなの真似できないよ」と思われるのも無理はありません。

しかし「回転が弱くてもネット横を通ってコートに入りさえすればポール回し」です。ナダル並みの回転量がなくても、コースによっては十分コートの中に入れることは可能です。

普通のストロークをポールの横を通過して、ダウンザラインに決めるというイメージを持つことが最大のコツです。

無理な横回転はコントロールが利きませんし、ポール回しの成功率を下げてしまいますので、普通のストロークで返せるコースを練習で覚えておきましょう。

ショートクロスを狙え!

ポール回しの狙いどころ、それはショートクロスなどでコートの外に追い出された時です。

本来はコートの外に出されるような角度のついたショットは返球が難しく、チャンスボールを献上してしまったり、ネットやアウトなどのミスにつながってしまうことがほとんどです。

しかしポール回しの場合は絶好のチャンスです。センターからポール回しは絶対に狙えませんので、コートの外に出されるようなショットを打たれた時は積極的に狙ってみましょう。

低めの弾道で打つ

テニスにはネットがありますので、最低限の打球の高さというものは保証されています。しかしポール回しの場合はネットの高さは関係ありません。

打球のバウンドの高さは弾道の高さに影響されます。ネットが関係ないポール回しの場合、通常ではありえない高さでストロークを相手コートに打ち込むことができます。

地面に近いほぼ平行な弾道で、バウンドをほとんどしない打球は返球が非常に困難です。一発逆転を狙うためには積極的に低い弾道でのポール回しを狙いましょう。

ポール回しにチャレンジするメリット

わざわざリスクの高いポール回しを選択するメリットは何が考えられるのでしょうか。かなり限定された状況でしか実践できないポール回しですが、この技を選択するメリットはいくつか考えられます。

この項目ではポール回しを実践で使うことに対するメリットをご紹介します。

ピンチをチャンスに変えることができる

角度のついたコートの外に逃げるような打球は、本来返球が非常に難しいです。しかしポール回しという選択肢があることで、このピンチをチャンスに変えることができます。

コートの外に逃げるようなショートクロスは試合の中で遭遇することも多いでしょう。このピンチを全て相手にポイントさせてしまっては、自分にとって不利な展開になってしまいます。

ポール回しを相手に見せることによって迂闊にショートクロスを打てなくなりますし、ポイントを献上してもらうはずだった打球をカウンターされるのはメンタル的にも大ダメージです。

このようにピンチをチャンスに変え、試合を有利に進めることができます。

コートの横という新しい視野

ポール回しが選択肢にあることで、ネットの上だけでなく「ポールの横」という新しい視野が広がります。

返球コースは多ければ多いほど、相手のポジショニングを撹乱し、コースを読まれにくくさせることができます。

仮にポール回しが成功しなくても、ポール回しチャレンジを見せつけることでショートクロス後のいつものポジショニングに対し懐疑的にさせることが可能になります。

良い流れをこちらに引き寄せる

ポール回しが成功すると、もれなく観客席から拍手や「おーー」という驚きの声援をもらうことができます。つまり会場の注目を一気に自分に向けることで、相手にとってアウェーな気持ちにさせることができます。

ポール回しは会場の空気を自分のものに変え、良い流れを引き寄せることができます。

ポール回しを実戦でもチャレンジしてみましょう!

いかがでしたでしょうか。今すぐにでもポール回しを練習してみたくなりませんか?

ポール回しを習得して、会場をアッと驚かせて見ている人々の印象に残るようなテニスを目指しましょう!

0