高いコーチング技術を持つテニスコーチを見つける方法。

出典:Twitterより

独学でテニスが上達していく人はまずいません。言い換えればテニスの上達には適切なコーチングができるテニスコーチの存在が不可欠です。今回はテニスにおけるコーチングの価値についてコーチである私自身の経験も踏まえて記事にしました。

コーチングとは?

コーチングとは日本語で「指導」を意味します。漢字から分かるようにプレイヤーが進むべき適切な道を指し示し、その道へと導いていくことと言えます。導くわけですから、強制するのではなく、プレイヤーが自然とその道を選択するように仕向けることが大切です。

コーチングとティーチングの違い。

ティーチングは知識や情報を一方的に教えることです。学校の授業のように知識や情報をインプットさせるのがティーチングであり、知識や情報を与えつつ、それをアウトプットできる状態までサポートすることがコーチングです。

テニスコーチに求められること。

テニスコーチに求められることはテニスを教えているプレイヤーがこれまでできなかったことをできるようにさせることです。コーチングを仕事にしているのであれば、プレイヤーに上達を実感させることができなければ意味がありません。

テニススクールに通う一般プレイヤーの中には何年も同じレベルのクラスに留まり、一向に上達しない人も数多くいます。プレイヤー本人に上達の意思がないのであれば問題ありませんが、そうでないのであれば適切なコーチングが出来ていない担当コーチに責任があると私は思います。

上達できない場合はどうする?

もしも上達したいという強い思いがありテニススクールに通いながらも伸び悩んでいる方がいれば、担当コーチを変えたり、場合によってはテニススクールを辞めたりすることを考えるべきです。

師事するテニスコーチを変える場合は、テニススクールでコーチを選ぶのではなく、あくまでもテニスコーチで選ぶことが大切です。コーチング技術はテニススクールによって変化するのでなく、テニスコーチによって変わります

テニスコーチを探す際は、自分の求めるコーチング技術を持っているかどうかで探すことを意識してください。

テニスコーチの選び方。

テニスコーチを選ぶときの判断要素はいくつかあります。具体的にどのような視点でテニスコーチを選ぶと良いかをお伝えしていきます。

実績よりもコーチング技術で選ぶ。

名選手=名コーチになるとは限らない。
引用:Twitterより

テニスが強い人が高いコーチング技術を持っているかというと、決してそんなことはありません。分かりやすく言えば、勉強ができるからといって、優れた教師になるとは限らないのと一緒です。

テニススクールで戦績のあるコーチからレッスン受けたからといって上達が早くなるとは限りません。戦績がなくても高いコーチング技術を持つコーチに教わった方が上達が早いということはよくあります

テニスコーチのコーチング技術を判断するのは難しいことです。しかし、本当に優れたコーチング技術を持つコーチのレッスンを受ければ、体験レッスンのような短い時間でも自分にとって目から鱗が落ちるような気づきが得られるはずです。

コーチとの相性で選ぶ。

楽しんで上達するためにはコーチとの相性が大切。
引用:Twitterより

テニスコーチとの相性は上達スピードに大きく影響します。同じストロークを教えるにしてもテニスコーチによって伝え方や、言葉選びは異なり、それによってコーチングを受ける人の受け取り方も変わってきます。

コーチとの相性については実際にレッスンを一度受けてみないと分かりません。テニススクールに通っているのであれば振替を使っていろいろなコーチのレッスンを受けることができるはずです。実際にレッスンを受けて相性のいいコーチを見つけると良いでしょう。

テニススクールに通っていない場合は、まず一度体験レッスンを受けてみてください。レッスン中、スクール会員に通っている生徒がどの程度の期間でクラス昇級していくかを聞いたりすることで、コーチのコーチング技術をおおよそ把握することができます

コーチの得手・不得手で選ぶ。

一般プレイヤーと同じようにテニスコーチにも得手・不得手は当然あります。自分の中で課題となっているショットや技術が明確なのであれば、自分の改善したい技術が得意なコーチを選ぶと、その技術を向上・改善させることができる可能性が高くなります。

プロテニス選手も、自身に必要な技術を向上させるために、そのショットが得意な専門のコーチを雇うことがよくあります。一般プレイヤーでも自分の目的に合わせてコーチを選ぶのは上達のためには有効な方法です。

自分の目指すテニスからコーチを選ぶ。

プロも目指すスタイルによってコーチを決める。
引用:Twitterより

自分の目指すプレイスタイルが明確であれば、目指すプレイスタイルを持つコーチのレッスンを受けることができれば有益なコーチングが受けられる可能性は高くなります

テニスコーチにとってコーチングの引き出しの多さは、コーチがその技術を身に付けるまでに経験したトライ&エラーの数に比例します。自分が目指すプレイスタイルを身に付けているコーチは、そのプレイスタイル習得までの苦労を積み重ねた先駆者であり、多くの引き出しを持っているはずです。

そんなコーチに直接コーチングを受けることが出来れば、つまずきを極力減らし、目指すレベルに到達するための最善の方法を教えてもらえるはずです。

コーチングの価値とは?

多くの人に支持されるような高いコーチングを技術を持ったテニスコーチは、そのレベルに至るまでに多くの失敗を経験しています。私自身がコーチをしていて感じるのですが、人によって言葉や伝え方を変えるだけで実践できるかどうかが全く変わってきます

高いコーチング技術とは相手によって、伝え方を変え、相手が最も理解し実践できるような伝え方ができるかどうかです。そしてコーチングの価値とは適切な伝え方によって、プレイヤーが上達するのに必要な時間を短縮させるところにあります

テニスの技術向上は決して一朝一夕ではできません。だからこそ短い時間で効率的に上達させてくれるコーチング技術には高い価値があり、レッスン料も高くなるわけです。

自分にとってベストなコーチングを受けるために!

コーチングに絶対的な正解はありません。人によってそれぞれベストなコーチングは異なります。テニスコーチは少しでも多くのプレイヤーの上達を支援するための情報収集や勉強が必要になりますが、一般プレイヤーも自ら行動して自分にとって最適なコーチング技術を持ったコーチを探す努力が必要です。

練習以外にコーチ探しまでするのは大変かもしれませんが、ベストなコーチからコーチングを受けることが出来れば、驚くほどのスピードでテニスは上達していきます。テニスが伸び悩んでいる方は思いきって新しいコーチ探しをしてみてはいかがでしょうか。