テニスでミスの原因となる打点のズレを防ぐ方法!

出典:ATPより

テニス試合はウィナーやノータッチエースなど綺麗な形でポイントが終わることの方が珍しく、どちらかのミスで終わる場合がほとんどです。特にアマチュアレベルになれば尚更です。そしてミスの大きな原因となるが打点のズレです。今回はミスにつながる打点のズレを防ぐ方法について記事にしました。

打点とは?

打点とはボールを打球する位置(インパクト)のことです。適切な打点でボールを捉えることで、ボールに大きな力を加えることができ強いボールを打つことができます。打点がズレると腕に上手く力が入らず、相手のボールに力負けしてしまうなどのミスが起こります。

打点の重要性を理解する。

打点がズレるとミスにつながるというのは多くの人がなんとなく理解していますが、スクールプレイヤーの多くは打点の重要性を正しく認識できていない印象があります。ここでは打点の重要性を簡単にまとめておきます。

コースの打ち分け

打点を調整してコースを打ち分ける!

打点が重要な一番の理由は、ボールを捉える打点を微妙に変えることでコースをコントロールすることができるからです。

当たり前ですが、打球時のラケット面の向いている方向へとボールは飛んでいきます。もしもクロス方向へボールを飛ばしたければ打点を少し前に、逆クロスへボールを飛ばしたければ打点を少し後ろにしてボールを打球します。

一部のテニススクールでは打ちたい方向に足を踏み出すようにして打つと教えることもあるようですが、試合で同じことをしていてはコースが読まれてしまうため意味がありません。今までなんとなくコースを打ち分けていた人は打点による打ち分けを意識して練習してください。

強いボールを打つ

力の入る打点でインパクトするのが基本!

強いボールを打つためには腕に一番力の入る打点でボールを打球する必要があります。打点がズレて力が入らないと自分からスピードボールを打つことができなくなります。

スピードボールを打つにはスイングスピードも重要ですが、打点さえ合えば相手の力を利用してスピードボールを打つことは可能です。力んでスイングするよりもまずは適切な打点でボールを打つことに集中してください。

打点がズレる原因は?

打点の重要性は理解できたと思うので、ここからはなぜ打点のズレが起こるのかについて、考えられる原因を挙げて整理していきます。

準備が遅い

打点がズレる原因で最も多いのがボールを打つまでの準備(テイクバック)が遅いことです。テニスの競技レベルが上がれば上がるほどボールスピードは速くなりますからテイクバックに使う時間も限られてきます。

ボールスピードの速い相手と対戦した途端にミスが増えるプレイヤーは相手の打ったボールが自分のコートでバウンドしてからテイクバックを始める人が多いです。

余計な動きが多い

腕だけでラケットを引くのは効率が悪く、打点のズレにつながりやすい。

もう一つミスの原因として考えられるのはスイングも含めてボールを打つまでに余計な動きが多いことが考えられます。

テニスは上級者になるほど余計な動きはしません。ラリーのボールスピードが上がると、余計な動きが多いプレイヤーほど準備が間に合わず振り遅れによる打点のズレでミスが起こります

足が止まっている

ベタ足でボールを待つと足が動かなくなりやすい。

ラリー中に足が止まっており、手だけで打点を合わせにいくことでミスしてしまう人も多いです。一般プレイヤーに多いのですが、ラケットが届く範囲にボールが飛んでくると横着して足を動かさずにボールを打ちにいき打点が合わずミスする光景は非常によく目にします。

打点のズレを解消する対処法。

打点がズレる原因が分かれば、あとは適切な対処をすることで打点のズレを極力少なくすることができるはずです。では具体的な対処法を書いていきます。

準備を早くする

テイクバックは早め早めを意識する。

意識してほしいのテイクバックを完了させるタイミングです。相手が打った瞬間にフォア・バックのどちらで取るかをすぐに判断し、テイクバックを開始します。ボールがネットを越え、自分のコートでバウンドするまでにはテイクバックを完了させるのが基本です!

ボールがバウンドした後はスイングを開始するタイミングを見極めるだけだと考えて下さい。また、左右に大きく走らされた場合は、ボールに追いついてからではなく、動きながらテイクバックを完了させます。ボールに追いついてからのテイクバックは打点がズレる原因になるので要注意です。

シンプルな動き意識する

上体のボディターンだけでテイクバックは完了させる。

時間的な余裕を少しでも多く確保するためにはシンプルな動きを身体に覚え込ませる必要があります。レッスンなどで一般プレイヤーを見ていて個人的に感じることですが、手でラケットを引き、必要以上に大きくテイクバックを取ってしまう人が非常に多いです。

テイクバックは両手でラケットを持つようなイメージで上半身のボディターンだけでラケットを引き、テイクバックを完了させます。上半身のボディターンだけでテイクバックができている人は、テイクバックが完了した時に、ラケットが自分の上半身より前の空間(右利きの場合は身体より右側)に残っているはずです。

ボディターンによるテイクバックを理解する方法!

ボディターンによるテイクバックのイメージが掴めない人は、上記の写真を参考にしてください。右利きを想定して説明すると、 ①左手でラケットを持ち身体の正面にセット②頭の位置は固定したまま、左手を使ってラケットを後ろに引く③左手を引ききった位置でラケットのグリップを右手で握る

頭の位置を固定することで、左手でラケットを引くために自然とボディターンが起こり、引き過ぎにならない丁度良いテイクバックの位置が理解できるはずです。今まで手でラケットを引くことが癖になっていた人は試してみてください。

常に足を動かすことを意識する

シンプルだがつま先立ちで準備できていないプレイヤーは非常に多い。

適切な打点でボールを打球するために最も重要なのがサボらずに足をしっかりと動かすことです。準備するタイミングを早くすることで前後の打点のズレはある程度修正できますが、左右の打点のズレはフットワークを意識しないといつまで経っても改善されません。

足が止まってしまうプレイヤーは、ラリー中につま先立ちではなく、踵まで地面につくベタ足になっている傾向があります。つま先立ちで準備することで一歩目の反応が早くなり、手の届く範囲のボールも細かいフットワークで打点を調整するようになります

正しい打点を意識してプレイするとテニスは大きく上達する!

テニスがなかなか上達しない人は明確な目的意識を持たずになんとなく練習している場合がほとんどです。打点を意識しながらテニスをプレイすると、ボールコントロールの精度は上がり、ミスの数も大きく減ります。

上級者のように無意識に打点を微調整しながらプレイするには、相当な練習量が必要ですが、今まで打点を意識せずにプレイしていた人が打点を意識するようになるだけでテニスの質は大きく向上します。これまで打点をあまり意識したことがないプレイヤーはぜひ打点を意識しながらテニスをプレイしてみてください。