巷に流れるスライスサーブの打ち方をいろいろ実践して感じたこと。

テニスの試合はサービスを入れないと始まりません。最初はサービスの質よりもまず、サービスを入れることに集中して練習をします。ある程度テニスが上達してくると、相手が返球しにくい回転系のサービスを練習するようになります。

テニスで回転系のサービスは大きく分けてスピンとスライスの2種類がありますが、今回はスライスサーブについて、テニスコーチであり、実際に試合に出ている私自身がいろいろと打ち方のコツなどを情報収集し、実践しながら感じたことをまとめていきたいと思います。

スライスサーブとは?

プロもスライスサーブを多用する。

スライスサーブとは横回転がかけられたサービスのことで、バウンド後に右利きなら左側に、左利きなら右側に曲がるようにバウンドしていくサービスのことです。回転をあまりかけないフラットサービスと比べて、スライスサーブにはどのようなメリット、デメリットがあるかを簡単に説明していきます。

スライスサーブのメリット

ボールがバウンド後に横に曲がるように変化するため、相手の打点をずらし、ミスショットを誘うことができるのがテニスのスライスサーブの大きなメリットです。その他にもボールに強い横回転がかかっているので、フラットサーブと比べて、サービスを入れ易くなります。ダブルフォルトを避けるためにテニスの試合では、2ndサービスでもスライスサーブがよく利用されます。

スライスサーブのデメリット

スライスサーブのデメリットはボールに横回転を加える必要があるため、球速が出にくいところです。テニスの試合では球速は大きな武器になります。もしもスライスサーブしか打てない場合、相当な変化量があるか、コースを狙ってスライスサーブを打てないと試合で苦労することになります。

スライスサーブが必要な理由

テニスはいかに相手のミスを誘うかが試合に勝てるかどうかに直結します。サービスやストロークに限らず、同じ球種やコースばかり打っていると、相手もそのボールに慣れてしまい、なかなかミスをしてくれなくなりますし、相手に攻められるリスクも高くなります。

もしもフラットサーブ以外にもスライスサーブを打つことができれば、1種類のサービスしかない場合に比べ、相手に気持ちよくリターンされるリスクを減らすことができ、相手のミスを引き出せる可能性も高くなります。実際にプロテニスの試合を見れば分かりますが、試合の中でプロはいろいろな種類のサービスを状況に応じて使い分けています。

テニスの上達を何で測るかは人それぞれですが、最も上達を実感しやすいのは、今まで勝てなかった相手に勝てるようになるかどうかです。テニスが上達したいとか、試合に勝ちたいという思いがある方はぜひスライスサーブを練習してみてください。

みんなで作るテニス専用オンラインサロン!!

スライスサーブの打ち方

スライスサーブは薄いグリップが基本

では具体的にスライスサーブをどのように打つのか、スライスサーブを打つときに意識するポイントやコツをまとめていきます。良いスライスサーブを習得するにはコンチネンタルグリップのような薄い握りで打つことがマストです。テニスはグリップによってショットを打ち分けるので、サーブの際は常にグリップを意識してください。

打球時のインパクト面を意識する!

テニスはラケット面にどのようにボールを当てるかで球種を変えることができます。インパクト面を意識するだけでもサービスにスライス回転がかけられるようになります

フラットサーブのインパクト。

まず、サービスの基本となるフラットサーブはボールをラケット面で真後ろからインパクトするように当てるので、上記の写真のようなイメージになります。スライス回転をかけたければ、下記の写真①ように少しラケットを傾けてボールをインパクトします。

上記①のようにインパクトすると、ボールがストリング面を滑るように自然とスライス回転がかかるようになります。私個人の感覚ですが、上記②のように極端にラケットを傾けてチョップするようなイメージでボールの横を切るイメージで当てると強いスライス回転をボールにかけることができます。あくまでも感覚なので、実際のインパクトは写真①のようになります。

トスを少し横に上げ、打点の位置をずらす!

トスで打点の位置を少し変える!

上記の写真のようにトスを少し横に上げ、打点をずらすことでもスライスサーブを打つことができます。打点によって相手にスライスサーブを打つことがバレてしまうデメリットはありますが、たとえ球種がバレるよりも、サーブの種類を打ち分けられる方がテニスの試合ではメリットが大きいです。

一般的なサーブの打点は上記写真①のように右肩のほぼ延長線上に打点を取りますが、スライスサーブに関していえば、上記②のように少し横にトスを上げて、時計の針で言うと1~2時くらいの位置(右利きの場合)で打点を取った方がスライスサーブが打ちやすくなります。思ったようにスライス回転がかからない方は試してみてください。

打つ際に体重移動の方向を意識する!

上記は松井俊英プロがスライスサーブの打ち方を解説している動画です。松井プロの解説している内容を簡潔にまとめると、ボールが飛んでいく方向と逆方向に体重移動しながらスライスサーブを打つと、ボールに角度をつけやすく、よく曲がるスライスサーブが打てるとのことです。

右利きで説明すると打球後にボールは左前方に飛んでいくので、打つ際の体重移動は右前方に行うということです。実際に私自身もこれを実践してみましたが、スライスサーブでかなり角度をつけて浅い位置を狙えるようになり、変化量も大きくなります。

ただ、体重移動をボールが飛んでいく方向と異なる方向にする必要があるため、スピードを出すのが難しく、習得するにはそれなりに練習をする必要があるなと個人的には感じました。人それぞれ合う合わないはあるかと思いますが、技術的な引き出しとして覚えておいて損はないはずです。

ラケット面の内側でボールをインパクトする!

最近、レッスンをしていて質問されることがあったのが上記の鈴木貴男プロのスライスサーブの打ち方です。動画の内容を簡潔にまとめると、トスの位置は変えずに少し低い位置で打点を取り、ボールはラケット面の内側でインパクトする。回内を使って押し込むようにスライス回転をかけるというテクニックです。言葉で説明されても分かりにくいと思うので、詳しくは動画を視聴してみてください。

実際に私も試してみましたが、これは非常に難しいなという印象です。ラケット面の内側でボールを捉えるなど、相当意識しないと難しく、小手先だけで打とうとすると上手くいきません。個人的には相当なテニス上級者向けのテックニックだと思いました。

変化量は大きくありませんが、スピードはかなり出ます。野球の変化球で例えるとスライスサーブがスライダーがなら、鈴木プロの打ち方はカットボールといった感じです。私の実践した限りでは、変化量が少ない分、このサーブはコースが甘いと一般プレイヤーもタイミングさえ合えば返球できてしまいます。ある程度スピードが出ないと大きな効果は得られないので、アマチュアレベルでは無理に覚える必要はないと思います。

自分のレベルに合ったスライスサーブを習得する!

私自身が左利きということもあり、テニスの試合でサービスキープをするためにスライスサーブを習得する必要性を感じました。スライスサーブについては自分なりにいろいろと試行錯誤し、まだまだ完璧とは言えませんが、徐々に良くなっている手応えはあります。

いろいろと練習してきて思ったことは、人によって感覚の違いがあるため、プロやコーチのアドバイスでも人によって合う合わないがあるということです。アドバイスを全て鵜呑みにするのではなく、いろいろと試してみて自分のフィーリングに合うようなアドバイスだけを取り入れて練習に励んでください

プレイヤーのレベルによってスライスサーブと言っても求める質は変わります。今回紹介したスライスサーブの打ち方についても、自分なりに取捨選択して、自分なりのスライスサーブ習得し、テニスの向上を目指してください。