【テニスがしたくなる】今すぐ読みたいテニス漫画7選

今すぐ読みたいテニス漫画7選

皆さんはテニス漫画と聞くとどんなタイトルを思い浮かべるでしょうか。テニスをテーマにしていてもそのストーリー展開は多種多様です。試合展開の描写にもそれぞれ特徴があり、どれを読んでもネタがかぶることはありません。

この記事では「え、意外とこんなにたくさんあるんだ」と思わず言ってしまいそうになる様ざまなテニスをテーマにした漫画を紹介します。

気になるタイトルを見つけたら、ぜひ読んでみてください。お気に入りの1冊になること間違いありません。

ベイビーステップ

あらすじ

主人公の丸尾栄一郎は、小学生のころから成績オールAで、クラスメイト達からは「エーちゃん」と呼ばれている普通の高校1年生。ある日、栄一郎の授業用ノートを、隣のクラスの鷹崎奈津に貸すことになり、その神経質に几帳面なノートの凄さから「変人扱い」されてしまう。後日、運動不足を解消するため、南テニスクラブ(通称STC)の無料体験に参加した栄一郎は、そこで奈津に偶然に会い彼女がプロプレイヤーを目指していることを知り、彼女との会話を通じて本格的にテニスを始めるようになる。
最初こそ「体力のなさ」から小学生にも馬鹿にされる栄一郎であったが、初試合では第5シードの大林良に善戦するなど意外な才能を見せ、STCのコーチ三浦に目をつけられる。「全てのボールに追いつき、それをコントロールできれば理論的には負けない」という言葉を信条に、類まれなる動体視力と記憶力、試合中でもノートで試行錯誤する独自のプレースタイル、そして生来の生真面目さと素直さによる努力・吸収力により、驚異的なスピードで実力をつけていく。

Wikipedia

作品の見どころ

テニス経験者の作者が綿密な取材を経て描かれるリアリティのある戦術やトレーニングなど、テニスをやっている人なら誰しも共感できる要素が満載です。

格上との対戦において繰り広げられる冷静な分析と多彩な戦略が魅力です。またヒロインとの恋愛模様も人気の1つ。地道な試行錯誤の中で成長していく姿は読者に説得力を与え、主人公に感情移入できます。

こんな人にオススメ

真面目なテニス漫画が読みたい!という方にオススメです。

他にも目標に向かってがんばっている人にとって励ましになるような登場人物が多く登場するのでそういった方にもオススメの作品です。

テニスの王子様

あらすじ

アメリカ各州のJr大会で4連続優勝の経歴を持つ天才テニス少年、越前リョーマ。
アメリカから帰国したリョーマは、テニスの名門「青春学園中等部」に入学する。全国制覇を目指す青学テニス部に入部し、1年生にしてレギュラーとなったリョーマが、様々な対戦校やライバル、時に仲間との試合を経て成長していく物語。

Wikipedia

作品の見どころ

少年ジャンプの王道を行く、才能あふれる主人公とその仲間が戦いの中で強くなる様、必殺技の数々、テニスというテーマで描かれるバトル系漫画といっても過言ではありません。

個性豊かなキャラ達が明確に住み分けされており、その異次元さや試合展開で多くのファンを魅了しています。次はどんな試合や技が見れるだろうというわくわく感は唯一無二といってよいでしょう。

こんな人にオススメ

テニスの常識をぶっ壊して、予想の斜め上を行く展開が見たい!という方にオススメです。

登場人物たちはどれもイケメン揃いですので、かっこいいキャラたちの手に汗握る試合展開を見てみたい方も必見です。

エースをねらえ!

あらすじ

岡ひろみはテニスの名門・西高等学校の1年生。テニス王国と呼ばれている西校には、ひろみが憧れてやまないテニスで超高校級の実力を持ち、華麗なプレーを見せる竜崎麗華(通称:お蝶夫人)や藤堂貴之、尾崎勇など名選手が数多く活躍している。慕っているお蝶夫人からテニス部に誘われ入部してみたものの、ひろみのテニスの腕はあまり上がらない。それでもお蝶夫人に手取り足取り一からテニスを教わり、いつしかプレイもお蝶夫人に似るようになり、ひろみはお蝶夫人から妹のように可愛がられ毎日を楽しく過ごしていた。
しかし、ひろみは新任のコーチの宗方仁に目をかけられ1年生ながらレギュラーメンバーに抜擢されてしまった。並以上のジュニアの中にいながらあまりに下手でかえって宗方の目を引いたひろみ。宗方はその無垢な才能に将来性とスケールの大きさを感じ、あえてレギュラーに抜擢した。テニス王国にあってレギュラーになれるほどの実力が全く足りないひろみに対し、えこ贔屓であるとして部内から妬みや嫉妬を受け、ひろみは厳しい目で見られるようになり、部内で孤立していった。
宗方に目をかけられたひろみを快く思わないお蝶夫人から選手を辞退するように言われ、ひろみは宗方に選手辞退を直談判をするが認められず、宗方から厳しい特訓を受けさせられた。

RENOTE

作品の見どころ

テニスをテーマにしたどろどろの女社会を体現したようなストーリーに女性の皆さんは思わず共感してしまう点が多いことでしょう。しかし根底にあるのはスポ根系の熱血キャラであったりするので、当時の少女マンガとしては異端でした。

人間関係かそれとも自分か、どちらを優先させるかという現代社会にも共通して存在する難しいテーマについて考えさせられます。

こんな人にオススメ

一世を風靡した伝説のテニス漫画を一度は読みたいという方、テニス部を舞台に繰り広げられる人間ドラマを楽しみたいという方にオススメです。

BREAK BACK

あらすじ

最高世界ランキング7位まで上り詰めた、日本人女子テニスプレーヤーの上条紗季(かみじょうさき)。
15歳3ヶ月で全日本選手権を制覇し、天才テニスプレーヤー、そしてかわいすぎるテニスプレーヤーとして有名になりました。
プロ引退後はギャンブルにはまり、多額の借金を背負うことになってしまいました。
その金額は1億円!
1億円の借金を返すために、金融会社の男が提示した条件は、私立成陵高校のテニス部を1年間で全国出場させることでした(そうすれば校長が借金の肩代わりをしてくれる)。
しかし、成陵高校にはもともとテニス部はなく、紗季がコーチとしてくるということで新設したばかり。
選手としては超一流でも、コーチの経験は全くない紗季は、約束通り成陵高校テニス部を全国優勝させ、借金を返せるのでしょうか?

テニスのジロギン

作品の見どころ

元プロテニスプレイヤーが作者の期待作が本作品です。なんと主人公が選手ではなくコーチ、しかも女性で性格に難有りという異例づくしのストーリーです。

しかしストーリーには元プロ・コーチ経験者ならではの日本のテニス業界に対する鋭い問題の指摘や独自のテニス理論など、思わず考えさせられ共感してしまう内容が多く描かれています。

こんな人にオススメ

普通のテニス漫画にはもう飽きた!違う視点でテニスを楽しみたい!という方にオススメです。テニス経験者の方はより楽しめる漫画になっています。

見上げてごらん

あらすじ

剣道の推薦で聖稜高校に入学した遊沢了だが、テニス部に入部してしまう。テニスに関しては全くの素人である了だが、驚くほどの才能の片鱗を見せ、完全実力主義(一つ葉から五つ葉まであり、学年は関係なく葉っぱの多さがものをいう)のテニス部でその地位を向上させていく。

Wikipedia

作品の見どころ

現代テニスの名選手や魅力をわかりやすく伝えているテニス漫画です。よくあるスポ根漫画ではなく現実的な内容中心となっており、テニス初心者にもわかりやすく入門書として読んでも面白い作品です。

テニスはメンタルの強さが勝敗を大きく左右するスポーツです。本作品はそういったメンタル的な部分の描写が非常に多く、テニス以外の業界でも共感できる点が多々あります。

こんな人にオススメ

これからテニスを始めたい、入学後何部に入ろうか迷っている、そんな方にオススメです。

“LOVe” 

あらすじ

幼い頃から父と世界中を飛び回っていた少女・高樹愛は、仕事で“宇宙”へ赴いた父と話したいがため、小笠原諸島へ向かっていた。その船内で、揺れをものともせずテニスの壁打ちを続ける少年・鯨岡洋平と出会う。洋平とテニスに興味を持った愛は、小笠原に滞在中、洋平との対決を夢見てテニスを始めるが、肝心の洋平が小笠原を去ってしまう。諦めきれない愛は洋平とテニスで対戦するためだけに、年齢・性別を偽りテニスの名門として知られる男子校へと入学する。

Wikipedia

作品の見どころ

憧れの男性を追って女子が性別を偽って男子校に入学するというラブコメにありがちな展開ですが、男性も充分に楽しめるほどのスポ根ストーリーとなっており読者を驚かせます。

それもそのはず、この作品は作者の前作のボクシング漫画「B・B」の主人公の娘の物語という設定で描かれており、スポーツに青春をかける熱血漫画の路線を引き継いでいます。

こんな人にオススメ

女性が主人公のスポ根漫画が読みたい!という方にオススメです。

しゃにむにGO

あらすじ

伊出延久はスポーツ万能で将来を有望視される陸上ランナーだった。しかし、中学3年生のある日、偶然見かけた幕ノ鎌高校テニス部の尚田ひなこに一目惚れ。陸上をやめ、彼女と同じ高校に進学し、テニス部に入部する。
同じ年、ジュニアでは有名だった選手滝田留宇衣もテニス部に入部する。プロのテニスプレイヤーを目指す留宇衣だったが、精神面での弱さから試合に集中出来なくなり父親にテニスを続けることを反対され、民間のテニスクラブを辞めてテニスでは無名の高校に進学してきたのであった。
延久と留宇衣はダブルスを組むことになり、テニス初心者の延久はめきめきと腕を上げていく。一方、急成長を遂げた延久に嫉妬しながらも留宇衣は次第に延久を認めていく。大会での活躍を通して、2人の名は全国の高校テニス界に知られるまでになる。
そうした中、延久はかねてからの憧れの人、ひなこにも接近していく。しかし、ひなこの従弟にして高校テニス界No.1の実力者佐世古駿もまた、ひなこに急接近、延久のライバルとして立ちふさがる。
一方、駿は留宇衣のジュニア時代からのテニスのライバルでもあった。かつては、留宇衣の方が実力で上回っていたのだが、今では駿に大きく水をあけられ、留宇衣は焦りと苛立ちを感じていた。

Wikipedia

作品の見どころ

少女漫画という枠組みにありながらスポーツ青春系ストーリーです。高校テニスをメインの舞台にしているので、インターハイで優勝することを目標に描かれています。仲間との信頼や団体戦の面白さが伝わる作品です。

こんな人にオススメ

恋愛だけの少女漫画はもう飽きた!という方にオススメです。

テニスだけでなく、ヒロインとの恋愛模様もしっかり描かれていますのでテニスと恋愛両方を楽しめる作品となっています。

お気に入りの1冊と出会おう!

紹介したもの以外にもテニスをテーマにした作品はたくさんあります。それぞれ個性があって面白さのベクトルが違いますので、お気に入りの1冊を見つけてテニスライフをさらに充実させましょう!


0