#13代目の原点進化 Wilson PRO STAFF 97 V13.0

PRO STAFF 97 V13.0とは?

メーカー説明

PRO STAFF V1.0を彷彿とさせるフィーリングかつ、現代のパワーテニスに対応しうるパワー、コントロール性能を併せ持つモデル。

デザイン

前作までは、『ベルベットペイント・コーティング』が採用されておりましたが、V13.0では極上の手触り(タッチフィーリング)を実現させたという『エラスティックペイント・コーティング』が採用されました。

個人的に『ベルベットペイント・コーティング』の肌触りは気に入っていましたが、剥がれやすく、剥がれると見た目がイマイチだと感じておりましたので、この変更は良かったと思います。

カラーは、艶なしのブラックが基調となっていますが、原点がキーワードとなっている様に、初期のPRO STAFFのイメージカラーである「赤」「黄」がアクセントとして使用されております。

最近のウイルソンラケットのデザインの特徴として、トップ部にシリーズのイメージカラーが配色されておりますが、PRO STAFF V13.0に関してはカーボンの編み目がむき出しのデザインとなっております。また、トップ部のみ艶ありの塗装となっており高級感もあり、カッコいいデザインだと思います。

エンドキャップの『W』は、白字ではなく黒字になっています。

スペック

フェイス97平方インチ
ウエイト平均315g
バランス平均310mm
レングス27インチ
ストリングパターン16×19
フレーム厚21.5-21.5-21.5mm
グリップG2、G3
推奨テンション50-60p
原産国中国
販売日2020年9月
価格¥34,000(税抜き)

315gのウエイトですが、バランスがトップライトですので、数字ほどの重さは感じないと思います。

V12.0には搭載されていたCV(カウンターベイル)は、V13.0では非搭載になっています。

この記事に関連するラケット
プロスタッフ97 V13.0

インプレッション(まとめ)

学生時代にセント・ヴィンセント製のPRO STAFFを愛用していた筆者にとって、本モデルは是非とも使用してみたい1本ではありますが、残念ながら現時点では使用出来ておりませんので、使用された方のインプレをまとめてみたいと思います。

多くの方が感じているのが、打球感がクリアではっきりしているということ。
V12.0と比較して、そう感じている方もいらっしゃいますので、CV(カウンターベイル)が非搭載になった事も影響しているかも知れません。

あとは、思ったよりもボールが飛んでくれ、スピンも掛かってボールが落ちてくれるという事。しっかりとスイングし、スイートスポット(若干、トップ寄り)でボールを捉えた時には、驚くような重くスピンの掛かった良いボールが飛んで行きます。

ただし、パワーアシストはあまり期待出来ませんので、スイートスポットを外すと飛んでくれません。素直なラケットですので、このあたりはシビアです。

普段、黄金スペックやパワーアシストのあるラケットを使用されている方にとっては、PRO STAFFは難しいラケットというイメージを持たれていると思いますが、ピタッとはまった時に放たれる威力あるショットの爽快感は、本当に気持ち良いですので、一度は試して頂きたい名器だと思います。

85インチ時代のPRO STAFFを使用されていた方は、デザインを含めて手に入れたい一本ではないでしょうか。

みんなで作るテニス専用オンラインサロン!!

参考

メーカー公式動画

インプレ記事

【ウイルソン】プロスタッフ V13.0 新作情報|インプレ・レビュー 2020/2021

【辛口評価】プロスタッフ97 V13.0 インプレ レビュー 【ウィルソン 使用者を選ぶ上級者向けラケット】

インプレ動画