「ネットの高さ」を本当に理解すれば、勝てるプレーヤーになれる!?

ネットの高さ 出典:Pixabay/Carlos Barengo

ネットの高さを知ればミスショットのリスクを回避できる!?

トッププロの試合でコーナーギリギリに豪快に放たれるストレートのパッシングショットを見ていると、つい同じように打ちたいという誘惑にかられることがある。しかし、それは練習に練習を重ねたトッププロだからこそ成せるワザであって、アマチュアはその誘惑に乗ってはいけない。

ところが、シングルスでもダブルスでも意外とその誘惑に乗ってしまってミスショットを連発しているアマチュアプレーヤーをわりとよく見かける。それはポイントを得ること、さらに勝利への道を圧倒的に放棄しているともいえる。

いうまでもなく、試合で勝利へ近づくための第一歩はしなくてもいい無駄なミス、簡単なミスをしないことである。プロの試合でもそうしたミス(アンフォーストエラー)を重ねていくプレーヤーに勝利の女神が微笑むことはほとんどない。

では、無駄なミスをしないためにはどうすればいいか。まずは、「ネットの高さ」というものを本当に理解することだ。「なんだそんなことか」と思うかもしれないが、「サイドを豪快に抜きたい!」というようなリスクでしかない誘惑から簡単に解き放たれる理由がそこにはある。

センターとサイドのネットの高さの差はボール2個分以上!

そもそも、ネットの高さはセンターが91.4センチ、左右のサイドが107センチと決められている。なんと、センターとサイドでは、高さが約16センチ、ボール(6.54~6.86センチ)で換算するとそれこそ2個分以上も違うのだ。ボール2個分だ。なんとなくセンター付近が低くなっているのは知っていたけど、ボール2個分以上と言われるとかなりの差があるなと改めて思えるのではないか。

要するに、サイドに打てばミスをするリスクがボール2個分も高く、センターに打てばミスをするリスクがボール2個分も低いということになる。さらに、センター付近に打つことで、低く速いボールを打ってもミスをする可能性が低くなるともいえる。加えて、「センター付近に打てばミスショットは減る」と考えることでストロークのプレッシャーが激減し、精神的にも大きなプラスとなる。じつはこの精神的な部分こそが勝つためにはかなり重要な要素だということを覚えておきたい。

「プロじゃないんだからボール2個なんて関係ないよ」と言う人もいるかもしれないが、ネット上部の白い帯にボールが当たって自陣コートに落ちてポイントを失う、なんて悲しい光景を誰でも容易に思い出すことができるだろう。そういう印象的な光景は記憶に残り精神的な負荷となって、ゲームの流れを失う要因にもなる。

勝利のためにポイントを積み重ねたいなら、サイドを抜くパッシングショットを練習するよりは、まずはボール2個分低いセンター付近にボールを確実に打つよう心がけ、ミスを減らす努力をしたほうが効率はずっといいはずだ。

ネットの高さを確認しよう!

さて、このネットの高さ、公営のコートなどの一般コートでは微妙に91.4センチに合っていない場合がある。プレイする前には必ず確認しておきたい。ボール1個分ぐらい高かったり低かったりする場合が意外とあったりするからだ。 前述したとおり、 アマチュアといえどもボールがネットの白い帯を超えるかどうかで勝負の行方が変わることも少なくないからだ。

ネットの高さの計測でいちばん簡単なのは、自分のテニスラケットで測ることだ。あらかじめラケットのタテ位置の寸法と、その寸法プラス、ラケットをヨコ位置にした時のどこまでがネットの高さである91.4センチになるかを測っておけばよい。ガットの何本目かがその位置などと覚えておくと手っ取り早い(私の場合は3本目)。ただ、この測り方は公式の試合などでは使えず、あくまでも仲間内での練習時の確認方法として覚えておいてほしい。

より正確にというのであれば、それほど値段も高くないのでネットメジャーなるものを購入し、持っておくのもよいだろう(アマゾンで約1300円)。それをポケットから出してサッと計測したりすると、なんとなく「この人、グッドプレーヤーなんだ」と思われて尊敬されることもあるかもしれない(ないかもしれないが…)。

また、シングルススティックで測ることもできる。シングルススティックとは、いわゆるネットのサイドに立ててある角型や丸型のポールのことだ。 そもそもシングルスとダブルスではネットの張り方が違うのだが、公営などの一般コートはシングルス、ダブルス兼用が多く、シングルスコートのサイドラインはダブルスコートより内側にある。そのため、サイドのネットの高さが107センチより低くなっているので、シングルススティックを使って押し上げて調整する。

そのシングルススティックの上部の91.4センチのところに横線やマークがあり、それをセンターベルトに垂直に立てて確認すればよい。ただし、公営コートなどの場合、コートにはじめから設置していないことも多い。その場合はコートの管理室などで貸りることができるはずだ。

ネットの高さを調整しよう!

ネットの高さを確認し、91.4センチに合わせるときはネットのセンターにある白いセンターベルトを緩めたり閉めたりする。その場合、まずはネットの張り具合が十分かを確かめたい。ネットの張り具合が緩いとネットインが多くなってしまうなどの弊害が出るからだ。ネットポストにあるギア(歯車)の専用ネット巻きハンドルで調整し、ある程度の張り具合を保ったあとでセンターベルトで91.4センチにきっちりと合わせよう。

ちなみに、このセンターベルトはバックル部分がけっこう堅いことが多く、調整するには慣れが必要だ。堅くてやりにくい場合は、下の写真のように他の人にネットのセンターベルトを上から押してもらえば、調整しやすくなるはずだ。

さあ、「ネットの高さ」をしっかりと理解できたら、まずはセンター付近にボールを集めて、ミスの少ない「勝てる」プレーヤーを目指そう!

0