テニスのミス減らすためにテイクバックで意識する4つのポイント

ミスを減らすためには事前の準備が大切。

ゆっくりとしたボールであれば打てるのに、速いボールが返ってくると途端にミスが増える。これはボールを打つまでの準備に問題を抱えている場合がほとんどです。

相手に自由に攻めさせないためには、ただ単純に返球するのではなく、ある程度球威のあるボールを返球する必要があります。そのために重要となるテイクバックです。今回はテイクバックにおいて意識するべきポイントを解説していきます。

【ポイント①】ラケットを引くタイミングを意識。

ストロークでミスが多い人はテイクバックが遅いという傾向があります。ボールが自分のコートでバウンドしてからテイクバックをすると、相手がスピードボールを打ってきた場合、大抵打つまでの準備が間に合わず、打点が遅れるなどのミスが増える原因となります。

早めの準備を意識。

テイクバックは常に早め早めに完了させることを意識し、ボールが自分のコートでバウンドするころにはテイクバックが完了し、ラケットを振り出すだけという状態を作ることが理想です。

下記の写真のように、相手が打った時点で自分がフォア、バックのどちらで返球するか判断し、可能な限り早くテイクバックをする必要があります。

移動しながらテイクバック。

相手のストロークによって左右に走らされた場合も、テイクバックをしながら、ボールを打つ場所まで移動することが基本となります。

【ポイント②】テイクバックは身体の捻りと一緒に!

ラケットを持たない手を意識すると身体が捻れる。

ストロークのテイクバックは上記の写真のように、ラケットを持たない手を意識することで、自然と上体を捻るようボディターンが出来るようになります。上記の写真②ように左利きの場合は右手(※右利きの場合は左手)を前に出すと、腕だけでラケットを引くことになり、手打ちの原因となります。写真①のように手を横に出すと、テイクバックと同時に身体を捻ることが出来る上に、打つ直前まで相手にコースを悟られないという効果もあります。

なかなか身体の捻りが上手くできないという人は下記の写真のように、ラケットを持っていない手を添えてテイクバックをすると、身体が捻りやすくなります。

手を添えてテイクバックをすると身体が捻れる。

上体の捻りを使ったボディターンでラケットを引くことで、インパクト時に上体の捻り戻しの力をボールに伝えることが出来るため、十分な球威を出すことが可能になります。

強く、速いボールを返球したいという方の中には、ボールを飛ばそうという思いが強くなり、腕でラケットを引き過ぎてしまう人も多くいます。

手でラケットを引き過ぎるのはNG。

上記の写真のように、相手から見てラケットが背中から後ろに出てしまう人は腕引きによるテイクバックになり、ラケットのインパクトまでの距離が長くなり、結果的に振り遅れてミスの原因につながるので注意が必要です。

これが癖になっている人は自分で気づいていない場合が多いので、下記の写真のように壁を背にして、ボールを打つまでのテイクバックをしてインパクトまでのスイングをしてみてください。

テイクバックの簡単な確認法。

テイクバックでラケットが壁に当たってしまう人は、腕でラケットを引くことが癖になっているので、壁を背にした状態で何度もテイクバックを取る練習を重ねてください。徐々にテイクバックでどのくらいラケットを引けば良いかの感覚を身体で覚えられるはずです。

【ポイント③】テイクバックはラケットを立てて行う。

テイクバック時のラケットを立てて引き、ラケットヘッドが上を向くように意識してください。

ラケットヘッドを上に向けるように意識。

ボールを打つ直前に少しラケットヘッドを後ろに倒します。手首を脱力させておけば自然とラケットヘッドが落ちることで、インパクトまでにスイングを加速させるための助走距離を確保することが出来ます。

十分なスイング幅を確保できます。

下記の写真のようにラケットヘッドを寝かせてテイクバックをすると、インパクトまでにスイングを加速させる距離を十分に取れなくなり、腕でラケットを引く癖につながりやすいのでご注意ください。

ヘッドを下げて構えるとスイングが加速しない。

【ポイント④】状況、ショットによってテイクバックを調整する。

ボディターンによるテイクバックで振り遅れによるミスを減らすことは可能です。しかし、リターンや、深いボールをライジングで処理する場合などは、普通のストロークの感覚でテイクバックをするとタイミングを合わせるのが難しく、ミスしやすくなるので、ボディターンだけでテイクバックを完了させ、タイミングだけ合わせて、ボールを前に押し出すように返球して下さい。

リターンやライジングはタイミングを合わせるためにテイクバックをコンパクトに。

その他にも前に進みながらのアプローチなどもテイクバックを大きく取ると、たとえスピンをかけたとしてもバックアウトの可能性が増えるので、ストロークに比べてコンパクトにテイクバックすることを意識すると良いでしょう。

上手い人ほど準備が早い。

プロとアマチュアの最も大きな違いはボールを打つまでの準備にあります。上級者になるほど、テイクバックもシンプルになり、打点に入るまでの動きも速く、ボールの予測も正確になります。

動きのスピードはトレーニング。ボールの予測は経験がものを言うため、一朝一夕には身に付けられません。けれどもテイクバックに関しては意識一つですぐに実践できる技術なので、ラリーにおいて振り遅れによるミスが多いという方は今回ご紹介したポイントを意識して練習してみてください。

0