テニスの上達のためには知っておきたい打点の秘密

テニスが上達したければ打点を意識する。

テニスを上達しようと思ったときに最も意識しなければならない点が「打点」です。初めてテニスをした時には打点を意識する人も多いのですが、多少ボールが打てるようになってくると、次第に打点の意識せずにプレイする人が増え、結果的に上達のスピードを遅らせてしまう原因にもつながります。

ではなぜ「打点」が上達にする上で重要になるのか。テニススクールでも意外と指導されない打点の秘密について解説していきます。

打点は力の入るところで。

まず、大前提の話になりますが、ボールをインパクトする打点は力の入れ易いところにするように意識してください。

ゆっくりとしたラリーでは気にならないかもしれませんが、試合などである程度球威のある相手とラリーをする際に、力の入らない打点でボールを打ってしまうとネットが増えたり、返球したボールに力が浅くなったり、相手にラリーの主導権を握られてしまいます。

そうならないためにも、しっかりと力の入る打点でボールをインパクトすることが大切です。

力の入る打点の確認

上記の写真のように、柱などを利用して、前に力を加え、どの打点が自分にとって一番力が入るかを確認することが出来ます。近くに柱や壁などがない場合は、誰かにラケット面を手で押してもうことでも力の入る打点を確認することも可能です。

バックハンドの打点の違い。

バックハンドは片手打ちか、両手打ちかで力の入る打点がかなり変わってきます。両手打ちの場合でも左右どちらの手を主導にして打つかで多少打点が変わってきます。

シングルバックハンド打点

片手打ちのシングルバックハンドの場合は、上記の写真のように打点が身体よりかなり前の位置になります。片手打ちの場合は打点が遅れると、力強い打球を打つのが難しくなるため、打つまでの準備を早めにすることが重要になります。

ダブルバックハンド打点

両手打ちのダブルバックハンドの場合は、左右どちらの手を主導にしてスイングするかで打点が変わってきます

上記、写真のように前の手(右利きは右手)を主導にしてスイングする場合は打点が前に、後ろの手(右利きは左手)を主導にする場合は打点が後ろになります。

ラケットのグリップによって力の入る打点が変わる。

ストロークの際のラケットのグリップ(握り方)は人によって異なるはずです。

サーブやボレー、スライスを打つ際のコンチネンタルグリップのような薄いグリップでストロークを打つ人は打点が身体に近い位置になります。

薄いグリップの打点

一方、ウエスタン、セミウエスタングリップのような厚いグリップでストロークを打つ場合は、打点が身体より前の遠い位置になります。

厚いグリップの打点

ボールはインパクト時の面の方向に飛んでいく!

当たり前のことですが、これをしっかりと理解しないでプレイしている人は意外と多くいます。実際、打点をしっかりと意識できていない人は、ボールを自分の思った場所にしっかりとコントロールして打ち返すことが出来ません。

ストレート方向に打ち返したいときはインパクト面がしっかりとストレート方向を向いているときにインパクトする!

ストレートへ打つ時の打点

そして、クロス方向に打ち返したいときはインパクト面クロス方向を向いているときにインパクトするのが基本となります。

クロスへ打つ打点

スイング中のどういうタイミングで、ラケット面がストレートやクロスを向くのかを理解する必要があります。

クロスに打つなら少し打点を前に取る。

インパクトは必ずラケットのスイング軌道のどこかで必ず起こります。素振りで構わないので、ラケットをもってゆっくりとストロークの素振りをしてみてください。

素振り中のラケット面を意識すると、ラケットが身体の前の方になればなるほど、ラケット面の向きはクロス方向に向くことが分かるはずです。

打点によるインパクト面の違い

身体の向きでコースを打ち分けた場合。

テニススクールによってはボールをコースに打ち分ける場合、身体の向きを変えて打ち分けましょうと指導するコーチがたまにいます。もちろん打点を変えなくても、身体の向きを変えることでコースの打ち分けは可能です。

身体の向きでコースを打ち分ける場合

しかし、上記の写真のように身体の向きでコースを打ち分けると、相手に打つコースが読まれやすくなってしまうため、試合になるとラリーでの主導権をとることが難しくなります。

せっかく練習してきたことが試合に出てから有効ではないと気づき、後々になってから打ち方を修正をしたり、新しいことを覚えるのは大変です。ぜひ打点でコースを打ち分ける技術を早い段階から意識して身に付けてください。

打点でコースの打ち分けが出来るようになる利点。

打点によるコースの打ち分けが出来るようになると、様々なメリットがあります。

①ミスの原因が自分で分かるようになる。

自分の打ったボールが思ったようなコースに飛ばなかった場合に、その原因が打点のズレによって生じていることが分かれば、すぐに自分で打点を微調整することで、ズレを修正することが出来ます。

ボールを打つ際に常に打点の微調整を考えながらプレイしていると、何も考えずにただボールを打っている人よりも、練習の質も上がり、上達のスピードも格段に変わってきます。

②相手にコースを読まれにくくなる。

身体の向きでなく、打点によってコースの打ち分けが可能になると、試合において相手に自分の打つコースを読まれにくくなります。そうすると、ラリーにおいての主導権も握りやすくなり、ポイント獲得率も上がるはずです。

③他のショットにも応用可能。

打点によるコースの打ち分けは全てのショットに応用可能な技術です。特にボレーでアングルを狙うときなどは、打点を極端なくらい前に取る意識をすることで驚くほど簡単に厳しい角度にボールをコントロールすることが出来ます。

打点を意識するとテニスの幅が格段に広がる。

テニスにおいて、「打点を見ろ!」や「打点を意識しろ!」というのはよく聞きます。しかしながら打点の前後をしっかりと意識することで、コースの打ち分けが可能になり、今まで打てなかったショットが打てるようになったり、試合において相手をどう動かすかなど戦術的な駆け引きも可能になるなど、自分自身のテニスの幅が圧倒的に広がります。

テニスが上達したいという方で、今まで打点についてあまり意識したことがなかった方は、ぜひ紹介したポイントを意識しながら練習してみてください。きっと上達につながるはずです。

0