もったいないミスにさよなら!ミスを減らすためのテニス戦術【シングルス編】

テニスの試合中、飛んできたボールをなんとなく打ち返していませんか?

なんとなく打ち返しているだけではミスが増え、相手に有利な状況ができやすくなってしまいます。ネットやアウトなどのミスを減らすには「戦術」が重要です。

「戦術」と聞くとなにやら難しい話のようですが、そんなことはありません。試合中にミスをしないための「工夫」に近いものだと捉えていただけると幸いです。

ボールコントロールに自信がない方でも戦術を理解し工夫することで、ミスを大幅に削減できます。この記事ではシングルスの戦術についてご紹介しています。

シングルス基本戦術

遅くてもOK!確実に入れられるサーブを会得する

テニスで最ももったいないミスは「ダブルフォルト」です。なぜなら相手選手の影響が全くない状況でのミスですので、メンタルダメージも大きいですし、試合の流れを相手に持っていかれる可能性もあります。

そこで練習では高速フラットサーブでもなく、相手を翻弄するスライスサーブでもなく、遅くても確実に入るスピンサーブなどをしっかり会得しておくことが重要です。

難しいなら下から打ってもいい、ぐらいの気持ちでダブルフォルトを減らしていきましょう。

体勢が厳しい時はロブ、スライス

シングルスではボールを打った後はセンターまで戻って、相手の返球を待つというのが定石です。このリズムが崩れると、体勢が崩れてチャンスボールを献上してしまったりという状況になりがちです。

そこで体勢が崩れた場合は、ロブやスライスなどのバウンドまでに時間がかかるボールで返球し、センターに戻って体勢を整えましょう。

スライスの場合バウンド後低く跳ねますので、相手からの強打が来る可能性を減らすことができます。

またサーブが強力な相手に対してもスライスは有効です。体勢を崩されがちなビッグサーバーに対してはスライスでリターンをしてみましょう。

トップスピンを多用する

トップスピンは山なりの軌道を描く回転がかかったショットで、ネットのリスク及びアウトのリスク両方を減らすことができます。

ミスを減らす、という観点からみるとフラットに比べて圧倒的に安定感があります。練習ではまずトップスピンを中心に組み立ててみましょう。

またトップスピンの回転技術はポーチに出てきた相手の横をかわすバギーホイップショットやポール回しにも応用できます。トップスピンの神様、ナダルが得意とする戦術ですね。

センターを狙ってネット削減!

ネットは中心部分で縛ることによってコートと固定されていますので、両サイドに比べて少し低くなっています。

ネットのセンター、つまり一番低いところを狙うことでネットのリスクを減らすことができます。これは相手のサービスゲーム時、リターンで特に有効です。

またセンターに打たれた相手は角度を付けたショットを打ち辛くなるため、多少甘いボールでも厳しいコースを狙えません。体勢を崩さず返球できる可能性が高まるので、自分のリズムで試合を運びやすくなります。

クロスへの返球でアウト削減!

サイドからのクロスの返球はアウトだけでなくネットのリスクも軽減することができます。

なぜならストレートに打つよりもクロスに打つ方がコートの直線距離が伸びるためボールがアウトし辛くなるだけでなく、ネットの一番低いところを通過するのでネットの可能性も減るためです。

しかしこのクロスは読まれやすく、ポーチに出てきた相手につかまりやすいという弱点もあります。相手の動きをよく見て、ネットプレーに移行しそうであればクロスでの返球をやめましょう。

戦術を生かしてミスを減らそう!

戦術を理解することで、ミスを大幅に減らせるだけでなく、試合を有利に進めることができます。

この戦術はトッププロの試合でも頻繁に見かけるものですので、トッププロの試合をご覧になる時は「戦術」にも注目して見てみてください。試合観戦がより面白いものになります。

戦術を本番で発揮するには、普段の練習から本番を想定したメニューが必要です。基本の練習と並行して、戦術を取り入れた実践的な試合練習も行っていきましょう!

0